その他

オートレースの賞金制度と年間賞金ランキングをまとめてみた

本記事では、当たるんですの抽選対象となるオートレース」の賞金制度と2022年9月時点の年間賞金ランキングTOP10をご紹介いたします。

オートレースの賞金制度

オートレースのレースはSG・G1・G2・一般戦のグレードに分けられており、それぞれの区分で賞金が決まっています。

一般戦の中には「スーパースターシリーズ戦 平尾昌晃杯」のように、優勝戦で1着になるとG2相当となる150万円の優勝賞金を得られるレースもありますが、基本的には以下のような序列となっています。

一般戦<G2<G1<特別G1<SG

上記のようにグレードが上がるほどレースで獲得できる優勝賞金も上がっていきます。

それぞれレースの予選、準々決勝、準決勝、優勝戦、一般戦、特別一般戦などの種別を問わず、出場すれば賞金をもらうことができます。

↓オートレースのグレードに関してはこ下記の記事をご覧ください。↓

一般的には「優勝しないと賞金がもらえない」と思われがちですが、どのレースに進出することになっても8位までの着順に応じた賞金を受け取ることが可能です。

そのほか、選手にはS級・A級・B級の階級があり、それぞれの階級によって出場できるレースが決まっています。

同じA級でも中位~下位、B級であれば一般戦が中心で、最も高いグレードでG2に出場可能です。
一方、A級の上位~S級になると、G2~SGレースへの出場も可能になります。

さらにS級の上位になると、限られた選手しか出場できない「スーパースター王座決定戦」への出場できるようになるため、選手たちは少しでも上の順位を目指して日々練習しています。

2022年賞金ランキング (9月時点)

順位選手名本年獲得賞金(円)
1青山周平54,362,375
2鈴木圭一郎50,921,996
3早川清太郎30,144,885
4丹村飛竜28,624,785
5永井大介26,548,005
6若井友和25,998,447
7木村武之25,582,159
8篠原睦23,850,550
9伊藤信夫23,064,241
10佐藤貴也22,796,311

9月時点での賞金獲得額ですが、ランキング上位2名の青山周平選手と鈴木圭一郎選手の獲得賞金は、獲得賞金額5000万円を超えています。

賞金ランキングトップの選手は、年度によっては1億円超えを達成する選手も出ているほどです。選手階級・ランクが上がるとグレードの高いレースへの出場チャンスが出てくるので、どの選手も少しでも高いランクを目指しています。

まとめ

本記事では、オートレースの賞金制度と2022年9月時点の年間賞金ランキングTOP10をご紹介いたしました。

オートレースは選手の実力によって出られるレースのグレードが異なり、グレードが上がるほどレースで優勝する際の優勝賞金が多くなります

出場したレースで優秀な成績を収めることができれば、レースの賞金だけで年間1億円を稼ぐ選手もいます。

2022年開催のグレードレースの優勝者・賞金等はこちらの記事をご覧ください。

 

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち

・本当に当たる?当たるんですで毎回当選者が誕生する仕組みをご紹介

・当たるんですの8車立て、7車立て、6車立てで当選確率はどう変わる?当選金額は?

・当たるんですの会員登録は超簡単!会員登録方法を徹底解説!

・当たるんですの公式SNS一覧

関連記事