オートレース

オートレースのランクとは?各階級上位3名をご紹介!

オートレースには各選手に「ランク」というものが設定されており、3つのランクに分けられます。本記事では、ランクの見直し時期や2022年度前期ランクのS級・A級・B級の上位ランカー各3名をご紹介いたします。

オートレースのランクとは

オートレースの選手は、成績に応じて最上位のS級からA級・B級と3つのランクのいずれかに該当いたします。また、新人のオートレース選手は、デビューから一定期間はB級で、その後の成績でランクが決定します。

S級選手→競走成績1位~48位、A級選手→49位~280位、それ以下はB級選手となります。ランクは、全てのレースの結果を得点化したものを計算して決定し、6ヶ月ごとに見直されます。

ランクによってあっせんの内容に差があり、S級の選手はグレードの高い(賞金金額の高い)レースに、より多く出場できます。

S級の上位3選手(2022年度前期ランク)

オートレースの選手の中でも、トップクラスの実力を持つS級選手。以下では2022年度前期ランク上位の3名、青山周平選手、鈴木圭一郎選手、荒尾聡選手をご紹介します。

S-1 青山周平選手

トップクラスのS級の中でも、頂上のランクS-1に君臨する青山周平選手です。

2020年度前期より、S級1位の座を守り続けている選手です。2019年に開催されたSGレース『スーパースター王座決定戦』以降同タイトルを現在3連覇しており、今年度の「スーパースター王座決定戦」でも活躍が期待されています。今までにSGは合計10回優勝するほどの実力の持ち主。

2021年度開催のSG級レース『第35回全日本選抜オートレース』を優勝し、史上6人目となるグランドスラムを達成しました。

S-2 鈴木圭一郎選手

前期ランクと同様にランクS-2の鈴木圭一郎選手。

S級のトップとなる青山周平選手との審査ポイントはわずか5.07ポイント。

2019年度後期からS-1・2を青山選手と鈴木選手が保持しており、現在もポイントの差は僅差であるため、今後S-1の座に鈴木選手が着く時も近いのかもしれません。

鈴木圭一郎選手は『全日本選抜オートレース』『オールスターオートレース』『日本選手権オートレース』『スーパースター王座決定戦』4つのSG優勝経験があり、残すSGは『オートレースグランプリ』のみ。青山周平選手に続く史上7人目のグランドスラム達成が期待できる選手の一人です。

S-3 荒尾聡選手

荒尾聡選手は前期ランクから、S-3を保持している選手。SGレースでは『全日本選抜オートレース』『オールスターオートレース』『スーパースター王座決定戦』3つの優勝経験を持っています。

27期の選手で現在40歳とベテラン選手ということもあり、根強いファンがいる選手です。

A級の上位3選手(2022年度前期ランク)

オートレースの選手の中では、中間クラスのA級選手。しかし、A級の上位ランクの選手はS級選手に引けを取らない実力を持った選手ばかりです。以下では2022年度前期ランク上位の3名、森且行選手、穴見和正選手、大木光選手をご紹介します。

A-1 森且行選手

1997年に日本中の注目を浴びて、トップアイドルグループ「SMAP(スマップ)」から脱退し、オートレーサーへ転身した森且行選手。

選手養成所の訓練中の大事故で重傷を負うも、過酷なリハビリを経て、見事にデビュー&ウィンを飾る。

デビュー2年目に新人王戦を制し、7年目にG2勝利。そしてデビュー13年にしてG1を制覇し、同年所属する川口オートでランキング1位に輝く。

さらに、2020年度開催の『日本選手権オートレース』にて、悲願のSG優勝を飾りました。

A-2 穴見和正選手

前期ランクA-57からランクが上がり、A-2までのし上がってきた穴見和正選手。

G1優勝経験は2005年の『平成チャンピオンカップ』・1987年の『開設記念レース(飯塚)』の優勝のみですが、御年68歳ながら、年齢を感じさせない走りで今期はA級2位になりました。

A-3 大木光選手

前期A-15からランクが上がり、A-3に食い込んできた大木光選手。

G1優勝経験は、2008年の『開設記念グランプリレース(川口)』のみですが、直近の3連対率が60%と、好成績を収めています。

B級の上位3選手(2022年度前期ランク)

オートレースのB級選手は、上位ランクを目指して日々レースを走っています。以下では2022年度前期ランク上位の3名、伊藤幸人選手、池浦一博選手、角翔太郎選手をご紹介します。

B-1 伊藤幸人選手

前期B-32からランクが上がり、B-1までのし上がってきた伊藤幸人選手。

1993年の『全国地区対抗戦G1』での優勝経験も有り、59歳という年齢を感じさせない走りでランクを上げており、オートレース界のレジェンド的選手です。

B-2 池浦一博選手

前期A-139からランクが下がり、B-2となった池浦一博選手。今年60歳になりますが、年齢を感じさせない走りで、2022年度前期に1着を収めたレースもあります。

B-3 角翔太郎選手

角翔太郎選手は、2017年に選手登録された33期の現在26歳の若手選手。まだタイトル獲得経験はありませんが、2022年8月現在、直近10走着の3連対率は70%と高いため、これからの活躍に期待したい選手の一人です。

まとめ

本記事では、オートレースのランク見直し時期や、2022年度前期ランクのS級・A級・B級の上位ランカー各3名をご紹介しました。

全国に約400名のオートレーサーが居ますが、オートレースは実力で全てが判断されます。オートレースの選手はランクによってあっせんの内容に差があり、上位のランクの選手は、よりグレードの高いレースに出場できます。そのため、オートレースの選手たちはレースを万全の体制で望むための準備を行い、ランク昇級を目指しています。

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち

・本当に当たる?当たるんですで毎回当選者が誕生する仕組みをご紹介

・当たるんですの8車立て、7車立て、6車立てで当選確率はどう変わる?当選金額は?

・当たるんですの会員登録は超簡単!会員登録方法を徹底解説!

・当たるんですの公式SNS一覧

関連記事
オートレース

オートレースのレースの種類は何種類あるの?

2022年5月11日
当たるんですMAGAZINE(マガジン)
オートレースでは、GIやGIIなどの「グレードレース」と呼ばれるレースがあります。 各開催のレースには、その開催ごとにレベルが変わり、大きなレースになると賞金額も変わり、よ …