オートレース

オートレースの年度別売上一覧(1950年~)

1980年代のオートレース売上

1980年度(昭和55年)→ 218,476,470,900円《総入場者数:7,302,145人》

1981年度(昭和56年)→ 213,588,902,200円《総入場者数:7,005,123人》

1982年度(昭和57年)→ 209,128,434,600円《総入場者数:6,564,540人》

1983年度(昭和58年)→ 202,386,920,500円《総入場者数:6,225,637人》

1984年度(昭和59年)→ 202,812,538,900円《総入場者数:6,199,606人》

1985年度(昭和60年)→ 202,375,373,800円《総入場者数:5,998,201人》

1986年度(昭和61年)→ 224,488,097,000円《総入場者数:6,357,651人》

1987年度(昭和62年)→ 238,805,903,500円《総入場者数:6,238,216人》

1988年度(昭和63年)→ 268,428,112,000円《総入場者数:6,340,220人》

1989年度(平成元年)→ 302,097,956,300円《総入場者数:6,587,118人》

1990年代のオートレース売上

1990年度(平成2年)→ 335,209,506,700円《総入場者数:6,887,944人》

1991年度(平成3年)→ 349,776,677,200円《総入場者数:6,951,211人》

1992年度(平成4年)→ 339,404,683,000円《総入場者数:6,813,165人》

1993年度(平成5年)→ 307,609,758,100円《総入場者数:6,589,839人》

1994年度(平成6年)→ 287,061,951,200円《総入場者数:6,415,817人》

1995年度(平成7年)→ 270,112,174,700円《総入場者数:5,992,961人》

1996年度(平成8年)→ 267,533,835,700円《総入場者数:5,979,726人》

1997年度(平成9年)→ 245,805,350,000円《総入場者数:6,148,724人》

1998年度(平成10年)→ 213,060,385,100円《総入場者数:5,733,969人》

1999年度(平成11年)→ 201,553,546,800円《総入場者数:5,166,298人》

2000年代のオートレース売上

2000年度(平成12年)→ 185,665,758,000円《総入場者数:4,696,018人》

2001年度(平成13年)→ 168,802,733,400円《総入場者数:4,473,831人》

2002年度(平成14年)→ 147,671,826,600円《総入場者数:3,995,427人》

2003年度(平成15年)→ 127,068,953,100円《総入場者数:3,879,320人》

2004年度(平成16年)→ 113,042,720,100円《総入場者数:3,443,296人》

2005年度(平成17年)→ 113,191,992,400円《総入場者数:2,538,358人》

2006年度(平成18年)→ 109,858,728,400円《総入場者数:2,410,153人》

2007年度(平成19年)→ 109,195,182,000円《総入場者数:2,256,432人》

2008年度(平成20年)→ 104,902,914,400円《総入場者数:2,219,673人》

2009年度(平成21年)→ 97,263,783,900円《総入場者数:2,111,270人》

2010年代のオートレース売上

2010年度(平成22年)→ 86,128,733,300円《総入場者数:1,890,077人》

2011年度(平成23年)→ 84,386,949,100円《総入場者数:1,737,560人》

2012年度(平成24年)→ 75,566,801,600円《総入場者数:1,702,878人》

2013年度(平成25年)→ 68,754,328,300円《総入場者数:1,757,268人》

2014年度(平成26年)→ 66,818,335,100円《総入場者数:1,684,330人》

2015年度(平成27年)→ 67,849,594,800円《総入場者数:1,657,126人》

2016年度(平成28年)→ 65,416,266,300円《総入場者数:1,538,074人》

2017年度(平成29年)→ 65,953,132,000円《総入場者数:1,453,305人》

2018年度(平成30年)→ 70,447,687,200円《総入場者数:1,360,446人》

2019年度(令和元年)→ 73,891,666,800円《総入場者数:1,178,610人》

2020年代のオートレース売上

2020年度(令和2年)→ 94,645,540,800円《総入場者数:568,393人》

2021年度(令和3年)→ 103,294,952,700円《総入場者数:753,985人》

まとめ

本記事では、オートレースの年度別総車券売上額と総入場者数をまとめてみました。

オートレースが始まってから、平成初めまでは売上額も入場者数も年々増加傾向で、大きな盛り上がりを見せていました。現在は試行錯誤を繰り返しながら、順調に売上が回復傾向です。

また、入場者数が減少傾向にあるのは、インターネットの普及により、本場(現地)へ行かずともオートレースを楽しめるようになったのが要因だと思われます。今後もオートレースの売上や入場者数は要チェックですね。

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち

・本当に当たる?当たるんですで毎回当選者が誕生する仕組みをご紹介

・当たるんですの8車立て、7車立て、6車立てで当選確率はどう変わる?当選金額は?

・当たるんですの会員登録は超簡単!会員登録方法を徹底解説!

・当たるんですの公式SNS一覧

1 2
関連記事
オートレース

オートレースのレースの種類は何種類あるの?

2022年5月11日
当たるんですMAGAZINE(マガジン)
オートレースでは、GIやGIIなどの「グレードレース」と呼ばれるレースがあります。 各開催のレースには、その開催ごとにレベルが変わり、大きなレースになると賞金額も変わり、よ …