当たるんです

オートレース~ハンデの重要性~

オートレースは、ランクの異なる選手が同じレースで競走する「ハンデ戦」があり、このハンデは実力に応じて設定され、予想に大きく影響することもあります。

本記事では「当たるんです」の抽選対象となる、オートレースにおける「ハンデ」について解説していきます。

オートレースのハンデとは

オートレースでは10m刻みにハンデ位置が設定されています。

一番前のスタートラインからスタートを切るのは、ハンデ0の選手です。この選手を基準に、選手の時計や実力を推計して、10、20、30…とハンデを付けていきます。

現在のオートレースの最大ハンデは110mですが、過去には340mのハンデ位置から優勝した記録が残っています。

※現在のハンデは0~50mくらいが一般的です。

オートレースのハンデの決め方

山陽オートOFFICIAL

ハンデは、選手の実力(ランク)や最近の成績などを加味して決定されます。

現在オートレースはS、A、B級の3つのランクに分かれています。このランクはレース成績に基づき半年ごとに審査をおこない、前期と後期のランキングを決定します。

また、ランクは男女の区別なく決められ、各級の人数は以下のとおりです。

  • S級:上位48名(1位~48位)
  • A級:S級を除く上位232名(49位~280位)
  • B級:S級・A級以外の選手(281位~最下位)

ハンデを決める場合、上位ランクの選手は下位ランクの選手より後ろ、または同じハンデなら外側に置くことが原則です。

また同ランクの選手同士の場合は、ランク順位でなく、直近の成績などを考慮してハンデを付けていきます。このハンデは理屈上、横一線でゴールすることを念頭に決められますが、実際にそうなることはまずありません。

ですが、選手の力差を考慮せず、横一線にスタートさせると、実力下位の選手は全く勝負になりません。オートレースでは選手の力差を埋め、スリリングなレースを提供するためにハンデを付けるのです。

※選手の実力が拮抗している優勝戦などの場合は、横一線のオープンレースで行われます。

まとめ

本記事ではオートレースの「ハンデ」について解説していきました。

オートレースは選手の技術がレース結果に反映されやすいので、多くのレースでハンデが設定されます。そのほか、試走や気象条件などもレース展開を左右させる要素となるので、そういった点を考慮することが必要です。

いずれにしても、オートレースには「ハンデ」があるからこそ、予想に深みが増し、レースも面白くなるのです。

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち