当たるんです

「巳の日」で金運アップ?どんな開運日かを徹底解説

金運アップの開運日「巳の日」

今回は、金運アップの開運日「巳の日」についてご紹介します。お金にまつわる事柄で運気上昇!「当たるんです」にも好影響!?ぜひご確認ください。

「巳の日」とは

まず「巳の日」の「巳」とは、芸術や財運を司る福の神・弁財天(べんざいてん)という神様の遣いである白蛇(巳:へび)のこと。そして、「巳の日」とは、そんな弁財天に縁のある日のことです。

巳(み)の日に弁財天の遣いである白蛇(巳:へび)に願い事をすれば、その願いが弁財天に届けられると言われており、金運・財運にまつわる縁起のいい吉日のひとつとされています。また、ご想像の通り「巳」は十二支の一つであるため、12日に1日の周期でこの「巳の日」は巡ってきます。

巳の日にやると良いことは?

神社の参拝

巳の日には、弁財天を祀っている神社を参拝するのがよいとされています。

弁財天のお寺や神社はたくさんありますが、日本三大弁財天(厳島神社、江島神社、宝厳寺)は特に有名です。

財布の買い替え

巳の日は寅の日に比べ、より金運をアップさせる力が強い日。

財布を買い替えたり、財布を使い始める日を巳の日にすることによって、金運がアップするとされています。

また、財布には金色を選んだり、ヘビの抜け殻を財布に入れるとより金運がアップするといわれています。

お金を洗うと財運がさらにアップ

巳の日にさらなる金運アップを目指したい!という方は、1万円札を神社で洗って清めるという「銭洗い」をすると良いといわれています。

弁財天は水から生まれた神様で、水との関係がとても密接なため、銭洗いはとても縁起が良いとされています。

東京では日本橋にある小綱神社が有名で、清めた1万円は種銭(たねせん)と呼ばれ、この種銭を財布に戻すことで大きな金運がやってくるといわれています。

まとめ

今回は、金運アップの開運日「巳の日」についてご紹介しました。これらの開運日には、当たるんですTwitterで当日にツイートがありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

 

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち

・本当に当たる?当たるんですで毎回当選者が誕生する仕組みをご紹介

・当たるんですの8車立て、7車立て、6車立てで当選確率はどう変わる?当選金額は?

・当たるんですの会員登録は超簡単!会員登録方法を徹底解説!

・当たるんですの公式SNS一覧

関連記事
当たるんです

もし「当たるんです」で当選したら、やりたいことは何ですか?会員様に聞いてみた!

2022年6月23日
当たるんですMAGAZINE(マガジン)
公営競技のオートレースをロトくじ感覚で楽しめる「当たるんです」。 当たるんですをご利用の会員様を対象として「当たるんですマガジン記事 …