オートレース

【G2曳馬野賞】ランクNo.1鈴木圭一郎は初日惜敗

今年から新設された「GⅡ浜松記念 曳馬野賞」が本日(10/5)から開催。初日のメインカードは、12R曳馬野特選となり豪華メンバーが名を連ねた。

8号車で登場した地元の鈴木圭一郎は、8月に伊勢崎SG・オートレースグランプリ優勝戦で肋骨を疲労骨折。今節が約1か月半ぶりの出場となった。その鈴木圭一郎は、2期ぶり8度目のランク全国NO.1となり、今節からNo.1勝負服を着用しての出走となった。

初日12R曳馬野特選
1  0m  西 翔子   3.36
2 10m 藤波 直也  3.34
3 10m 渋沢 憲司  3.36
4 10m 花田 一輝  3.33
5 20m 浦田 信輔  3.33
6 20m 伊藤 信夫  3.32
7 20m 黒川 京介  3.32
8 20m 鈴木 圭一郎 3.31

注目は最重ハンデのスタート争いに集まったが、オートレース界屈指のスタート巧者である黒川京介を抑えて、地元の伊藤信夫がトップスタートを決めた。鈴木圭一郎はその2人に次ぐ、7番手からの競争となった。伊藤信夫が自在の捌きで攻めあげると、残り3周を切ったところで先頭に躍り出た。その時、黒川京介は3番手、鈴木圭一郎は序盤の展開苦しく6番手で後半戦へ突入した。その後、黒川京介が2番手へと浮上し、鈴木圭一郎は最終コーナーで何とか3番手へと浮上したものの、伊藤信夫が地元ベテランの意地を見せるかのような走りで初日特選を制した。

レース映像(AutoRaceJPより)↓
https://autorace.jp/race_info/Ondemand/asx/hamamatsu/2023-10-05_12/0/1

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこち

・本当に当たる?当たるんですで毎回当選者が誕生する仕組みをご紹介

・当たるんですの8車立て、7車立て、6車立てで当選確率はどう変わる?当選金額は?

・当たるんですの会員登録は超簡単!会員登録方法を徹底解説!

・当たるんですの公式SNS一覧

関連記事
オートレース

オートレースの補助事業とは?当たるんですの売上の一部が社会に役立つ!?

2022年10月3日
当たるんですMAGAZINE(マガジン)
当たるんですの売上金の一部は、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられていますが、いったいどのようなことに役立てられて …